スポーツするなら食からだ!

自分の思い通りにならないと諦めてしまう子供@食パンダ

食パンダ
WRITER
 
PANDA
この記事を書いている人 - WRITER -
食パンダ
徳島の剣城山 山頂で産まれ。パンダとメガネのハーフ。パンダの神器(秘宝)と共に幼少期を過ごす。産まれが山なこともあり、小さい時から野山を駆け巡ったことがきっかけでパンダとしては非常に珍しいトレーナーとなる。語尾に「ンダめぇ」を使うことが特徴。決して「(な)んだ(お)めぇ」と喧嘩を売っている訳ではない。体力レベル:剣山をロープウェイを使わずに登れる。(その脚力をみると思わず一礼をしてしまう。)好物:佐那河内村のメンマ

panda

食パンダによる子どものお悩み相談箱なンダ!親子の関係や近しい関係からはなかなか見えない視点をパンダ的視点からアドバイスを行なっていンダめぇ。

さて、今回の悩みは下記の通り!

食パンダへの質問箱第一弾「思い通りに行かないとやる気を無くしてしまう…」

dorami

今の状況(親御さん:ドラミ 子供:げんし)

自分の思い通りにならないとすべてのことにやる気がなくなる

食パンダへの質問

サッカーの時に、先輩や同級生から注意をされるのが、気に入らない。ミニゲームの時に仲間に入れてもらえてないと言って、自分からボールを奪いに行こうとしないことが多い。一生懸命してるところが伝わりにくい。一生懸命してるところが伝わりにくい。

 

サッカーの時に、先輩や同級生から注意をされるのが、気に入らない。

panda

私も指図されるのは気に入らないンダー‼️

 

けども、これは自分都合で見たときの話なンダ。

もしかしたら、ちゃんと見ててくれてるから「こそ」注意をしてくれているかもしれないンダ。

 

もちろん、子どもとしては目先の事実に対して腹が立つのも仕方ないことなンダめぇ。けども、「なんで注意してくれたのか?」ってことを一度自分で質問してみるのをオススメするんだメェ。

※くれぐれも「なんで注意されたんだ?」と言う自分目線で考えちゃいけないンダー!

 

単純に自分が良くないことをしていたのか?

・常識として(社会のルールから外れていないか?)

・チームとして(チームの方針から外れていないか?)

・相手に対して(相手を嫌に気持ちさせてないか?)

 

その時に100%相手に都合で言ってた場合だと、対抗しないといけないかもしれないけど、100%ってことはほんとんど無いはずなンダ。

 

注意に対して100%相手都合の例

「オレの機嫌が悪いからお前に嫌がらせとして注意する」

「オレはお前が嫌いだからあえて敵意を込めて大したことなくても注意する」

 

ただ、一つ難しいのは、人間は感情を持って話をしてるンダ。機嫌が悪い時にはどうしても攻撃的な言葉を使ってしまい、相手が嫌な気持ちになることもあるンダ。

でも、そこを切り離して、相手の言葉を受け止めることが出来るのが人間としてレベルの高い状態なンダ。

是非とも、子どもにはレベルの高い人間になって欲しいンダ。そのための耐力(耐える力)も鍛えてくださいンダ!

 

※個人的に「あなたのために言っている」と言う人は自分都合で言ってる可能性が高いと思ってるンダめぇ〜、ひねくれている考えだけど、これは嫌われないためにバランスをとっているように聞こえるンダ。

 

【やるべきこと】

1.注意されたらまずは「ありがとう」の気持ちを持つ。言葉に出しても良し!心の中で言っても良し!

2.なんで注意してくれたんだろう?を考える。

3.自分で直せるところは直す。※自分の力で無理な場合はどうすれば良いか相手や周りの人に聞いてみる。

 

ミニゲームの時に仲間に入れてもらえてないと言って、自分からボールを奪いに行こうとしないことが多い。

panda

細かい状況を把握することしかできないので、違ってるかもしれないけど答えるンダ。

この状況は典型的な仲間ハズレの状態だと思うンダ。これに対しては、チームをまとめる大人側の問題もあるかもしれないンダ。

そう言うことを「良し」とする空気感は嫌いなンダ。(※子どもだけでやってる遊びの場合は別)

 

とは言っても、これも自分自身に矢印を向けてみるンダ。相手や環境のせいにしてやる気をなくす事は簡単だめぇ。

だって、言い訳考えて自分を正当化すればいいだけなンダ。(言い訳が通らない時もあるけどめぇ)

だから「やっても意味ないから」と言う気持ちでやってると相手にもすぐやる気がないことはバレるンダ。

 

「やる気の無い人と一緒にミニゲームやりたいか?」

 

チームの雰囲気もあるだろうけど、勝つことを目標にしてるならやる気のない人に構ってる余裕はみんな無いはずだめぇ。

今の環境は良くないと思うけど、まずは自分で出来ることをやってみる。そこから始めるしか無いンダめぇ!

 

【やるべきこと】

1.自分自身に矢印を向ける(人のせいにしない)

2.直せるところを直してみる

3.どうしても譲れないところは相手に宣言して話し合う

 

一生懸命してるところが伝わりにくい。

panda

まず、本当に一生懸命なんだろうか?

本当に一生懸命ならば、言葉があってもなくても自然と伝わってくるものだと思うンダ。

それこそ無関心な人にでも伝わるくらい。

 

本人としても親として一生懸命にやってると信じたいと思うンダ。けども、相手に伝わっていないと言うことは、残酷だけど、どこかで手を抜いているかもしれないンダ。

 

ここでは現実を伝えてみたンダ。

だからこそ、少しテクニック的な話もするンダ。実際問題、全てを一生懸命100%でできる人間はほとんどいないはずなンダ。

 

だからこそ、オススメなのはコレ!

他の人に負けない「ある一点」を全力で頑張る!

 

例えば、

走るのが得意なら、ランのメニューは全力!

例え、他のメニューは手を抜いたとしても「これだけは絶対に誰にも負けない」と言う思いで力を注ぐ!

 

最初は、「なんでそこだけ頑張るん?」とかの冷やかしもあるだろうけど、続けてやれると「お前はランのメニューだけは最強やな」と評価は変わるンダ!

そこから先は別の分野でも負けない部分を探していくンダめぇ。

 

ただし、途中で辞めちゃうならやらない方がいいかもしれないンダ。

だからこそ、絶対の絶対の絶対に負けない部分を見つけ出すことが必要なンダ!「ここだけは負けない」って部分を!

試合に出ることだけを目標にするならコーチや監督が好きなメニューの時に頑張ってれば確率は上がると思うンダ。

ただ、本当に自分の力にするなら自分の強みを伸ばすことをお勧めするンダ。

 

食パンダの答え まとめ

panda

どうだったかな? 少しは気持ちの切り替えに役立つことはあったかな?親の「ドラミ」と子どもの「げんし」に対してパンダ的視点で伝えたンダ。

 

親からの言葉だと中々伝わりづらいこともあるかもしれないンダ。だからこそ、第三者のパンダの回答を見せながら良いと思ったことを子どもにも伝えて欲しいンダめぇ。

このような形でアドバイスをしているンダ。子どものスポーツに関することで気になることがあればライン友達登録から質問してみるンダめぇ〜


syokupanda

 

 

裏メニュー:個性学から見た親子の関係性

悩み:言うことを聞いてくれない。

ドラミ(親)

内面(意思決定):実績 人志向

外面(行動基準):配慮 人志向

げんし(子)

内面(意思決定):自然 人志向

外面(行動基準):悠然 城志向

 

ドラミ(親)とげんし(子)の関係性です。(個性学から見た場合)

3分類でみると内面的には同じタイプです。ただし、げんしはまだ成人していないので意思決定は外面の城志向が優先されるンダ。

この状態だと、ドラミの話は基本的にげんしには響きやすいと言われているンダ。しかし、言うことを聞かないと言うことなんで、もっと深く掘り下げてみるンダ。

ドラミは実績タイプなんで全力で頑張ることや、やればやっただけ成果がでる状況を大事にする傾向があるンダめぇ。

それに対して、げんしは悠然タイプ。

基本的にはのんびり全体を見てから動くのが好きなンダ。マイペース派だから、ドラミの感覚のように成果や実績を重んじるタイプとは違った価値観があるンダめぇ。

食パンダのアドバイス

ドラミは全力でやることを優先して考える傾向があるけど、げんしはゆっくり自分のペースで取り組んでいくんだメェ。確かに周りからは評価されにくいかもしれないけど、自分では全力でやっていると思うから気長に見守ってあげて欲しいんだメェ。(先にあったアドバイスに関しては一般的なアドバイスをしていますンダ)

自分の子供だから自分と同じような考えになると考えるかもしれないけど、個性を見ていくと、少し気持ちが楽になるンダ。個性学が100%正しいとは言わないが、こんな考え方もあるんだ〜って思ってもらえると嬉しいンダ。

個性学についてもっと知りたい場合はこちらをご覧ください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
食パンダ
徳島の剣城山 山頂で産まれ。パンダとメガネのハーフ。パンダの神器(秘宝)と共に幼少期を過ごす。産まれが山なこともあり、小さい時から野山を駆け巡ったことがきっかけでパンダとしては非常に珍しいトレーナーとなる。語尾に「ンダめぇ」を使うことが特徴。決して「(な)んだ(お)めぇ」と喧嘩を売っている訳ではない。体力レベル:剣山をロープウェイを使わずに登れる。(その脚力をみると思わず一礼をしてしまう。)好物:佐那河内村のメンマ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です