スポーツするなら食からだ!

食カラダ代表ってこんな人(南部真也プロフィール)

南部 真也
WRITER
 
nambu
この記事を書いている人 - WRITER -
南部 真也
「楽しさ」では負けません! 徳島のスポーツ環境を良くしていくために頑張ります!

食カラダの代表トレーナーの南部です。

ここでは南部真也の主な実績と生い立ち等の自己紹介をしていきます。

nambu

小松島市出身の国内ではかなり珍しい男性の管理栄養士であり、同時にスポーツトレーナーでもあります。

簡単に言えばスポーツにおけるカラダづくりの専門家です。特にジュニア期のスポーツに特化してサポートを行なっています。

主な活動、実績

サポートチーム、選手の成績

中学生男子バスケットボール部
 全国中学校体育大会 ベスト8

高校男子バスケットボール部 
 全国高等学校バスケットボール選手権大会徳島県予選会 ベスト4

硬式野球部
 全国高校野球徳島大会 ベスト8

小学生バドミントン
 全国小学生バドミントン選手権大会(徳島大会) ダブルス出場

主な活動

食カラダ 代表
 ジュニア向けスポーツジム運営、バスケスクール運営

QOL+ 代表
 スポーツ栄養士、チーム・個人サポート、講演、スポーツ食育

藍ノオト 代表
 社会人向けスポーツコミュニティ

Doしたん 副代表
 子どもスポーツ支援団体

テレビトクシマ 朝ごはん食べた?
 キャスター

news

 

生い立ち

田んぼに四方を囲まれた田舎に産まれ、田んぼで転げ回る野性味溢れる幼少期を過ごしました。

冬場には半袖半ズボンと言う、昔はクラスに1人はいた元気っ子でした。小さい頃から体を動かすことが大好きで生傷が絶えないながらもすくすくと育っていきました。

 

小学校では水泳、中学校ではソフトテニス、高校ではバスケなどスポーツの部活動に入部し汗を流していました。

スポーツや体を動かすことが好きで、練習量だけはチームの誰よりも頑張ったと自負しています。しかし、学生時代のスポーツでは満足のいく成績を残すことができませんでした。

全てが自己流で頑張っていただけであって、基礎体力はあったのですが、細かな技術面はボロボロです。

体力はあるけど、基本的なカラダの使い方を理解していなかったので体は硬く、小学生までは運動会等の成績は上の上くらいでした。

 

中学校以上になると、体格の差もでてきて、良く言って中の中〜上のところで落ち着いてしまいました。(高校のシャトルランだけは抜群でしたが 笑 ※最後の1人になって授業チャイムが鳴ったため測定中止になるくらい)

今、トレーナーとしての知識から言うと、頑張る方向を間違って、無駄に練習時間をかけていたんだと思います。

だからこそ、今の子どもたちにとってスポーツの分野で導いていける人になろうとの想いから、ジムをオープンさせています。

gym

 

幸いにも学業の方の成績は割と良くて特に塾に行くこともなく、成績はクラスで上位の方にいました。運動もこのように結果が出てくれていれば完璧だったんですが…

贅沢は言えませんね。一応、世間一般では難しそうなイメージの管理栄養士の国家試験を合格することができるくらいの学力はありました!(現役大学生の合格率は80~90%くらい 笑)

学力のことを嫌味っぽく自慢したいわけではなく、小さい頃から運動をしていくことで脳へも良い刺激が入りやすくなっていたと言うことです。この点で言うと文武両道のヒントを提示できるのかもしれません!

運動だけしてバカになることはあるかもしれませんが、運動と勉強を合わせて行なってバカになることはありません。時間効率で言うと、勉強だけして頭が良くなるより、運動と合わせてやっていく方が脳への刺激が入りやすいと思います。

 

junior

これらの経験や資格を元にただ体を鍛えるだけではなく、南部にしかできないこととして、スポーツ栄養を踏まえたカラダづくりをあわせて行なっていきます。

単純にトレーニングをするのも良いですが、食事は切っても切り離せません。食事面のアドバイスも保護者の方向けに行なっています。

子どもの時代のスポーツの後悔は解消されず、一生の残ってしまうかもしれません。(子どものスポーツの時間はわずかな期間しかありません)どんなことでもいいです、やれることはやってあげて欲しいと勝手ながら思っています。

 

どんな雰囲気の人間なのか?

nambu

性格

裏表のないタイプです。素直に思ったことを喋るのでたまに失敗もしますが、嫌味なくストレートにものをいいます。ダメなものはダメ、良いものは良い!歯切れが良くてテンションは高めです。

 

caster

また講演活動やテレビキャスターをするくらいなので、良く喋ります。喋りすぎる時もありますが、基本的にはトレーニングや食育については選手の意志を聞いて進めていきます。この辺りは、一方的に押し付ける指導スタイルとは一線を画します。

 

また、監督、先生と言う立場と言うよりも子どもたちと並走していけるコーチの形を目指しています。子どもとの距離感は近いです。(言葉遣いは子どもたち同じくらいです笑)

 

保護者様からの感想では、「子どもの意見を良く聞いている」「子どもに合わせてやってくれている」などの声を良くいただきます。

 

人と違うことをするのが大好きで、よく変な人と言われるけども、あまり気にしていません。人と同じ人生を送りたいわけじゃないので今の仕事を選んでいます。

 

スポーツにおける最低限の礼儀作法を重じています。誰か1人に雑用を押しつけるなどの行動が嫌いで、上手い下手関係なく、全員が平等に雑務をするような空気感が好きです。上手いから、スタメンだから、と言って特別扱いはしません。

 

最後に一言

独特な空気感を持っており、他とは違った形のものを提供しています。基本となることは伝えた上で少し変わった楽しい、おもろいことや実践的で効率の良いものお届けできるように頑張っています。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
南部 真也
「楽しさ」では負けません! 徳島のスポーツ環境を良くしていくために頑張ります!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です